診療について

教えてDr.バックナンバーに戻る

教えてDr.

PMS(月経前緊張症候群)とPMDD(月経前不機嫌性障害)について

  PMS(月経前緊張症候群:premenstrual synd.)とは月経の2週間ぐらい前から直前までの期間に、周期的に観察することのできる、気分の落ち込み、いらいらして怒りっぽい状態、不安感、下腹 部痛、むくみなどの精神的・身体的変化の両面において見られる不快な症状のことを言います。約8割の女性では、PMSに関係する何らかの症状があり、半数 くらいの女性ではかなり強い症状が出ると言われています。PMSの原因ははっきりとは分かっていませんが、女性ホルモンの影響が推察されています。月経前 にはプロゲステロンやエストロゲンが急激に増加した後、再び減少するのですがこの変動のために自律神経のバランスが壊れて起こると考えられています。

  この様な症状がさらに強く現れ、日常生活に支障を来すような程度のものになると、それをPMDD(月経前不機嫌性障害:puremennstrual dysphoric disorder)と呼びます。強い抑うつ気分や不安感、怒りの感情などが見られ、時には抑うつ気分が高じて、自殺念慮が見られることすらあります。 PMDDでも、PMSと同じようなメカニズムが働いていると考えられていますが、PMSと違うところはセロトニンという神経伝達物質の機能的な変化が背景 にあるようです。むしろうつ病に近い疾患と言えるかもしれません。PMDDでは、漢方療法も効果がありますが、SSRIと言う抗うつ薬が推奨されていま す。

 自分がPMSやPMDDに相当するような症状にこころあたりがある女性は一度は婦人科やひどい症状がある場合は精神科、心療内科を受診してみましょう。

●月経前の気になる症状をチェック●

□ 気分が落ち込む □ 訳もなく不安になる □ 緊張する
□ 普段と違って、怒りやすい、涙が出やすい
□ 仕事の集中力が落ちる □ 食欲がない
□ つい、食べ過ぎてしまう □ 無性にsexがしたくなる
□ 友達と話すのがいやになる □ 外出するのがいやになる
□ こんな自分を誰も理解してくれないと思う

 

教えてDr.バックナンバーに戻る