診療について

教えてDr.バックナンバーに戻る

教えてDr.

望まない妊娠を避ける最も優れた方法は低用量ピル(OC)です。

確実な避妊法は低用量ピル(OC)です。1日1錠の服用でほぼ100%避妊できます。副作用には吐き気や頭痛、下腹痛などがありますが開始3ヶ月以内にほとんどおさまります。数種のOCがあり服用方法が違いますので医師処方のものを指示通りに飲みましょう。インターネット購入のOCでは副作用事故があっても薬害補償が受けられません。正式な購入をお勧めします。

喫煙はOCの副作用の血栓症を起こしやすくする事が知られています。できる限り本数を減らしましょう。35才以上で1日15本以上の喫煙者はOCを飲んではいけません。飲酒はOCに影響ありません。むしろお酒を飲み過ぎてOCの服用を忘れないようにしましょう。また、OC服用後に飲酒によるおう吐やひどい下痢をした時には妊娠することがあります。OCを飲んでも太ることはありません。体重増加しないことが明らかとなりました。また、長期間の服用も可能です。たとえば20才から飲み始めて40才まで飲み続けることも可能です。避妊が必要であれば服用期間には制限はありません。服用している間は定期検診を受けることで自分の体の状態が分かりより安心してOCを飲むことができます。

5年以上の服用では卵巣癌、子宮体癌になりにくく、乳癌になる率は服用しない人と差がありません。そのほかのメリットとしてOCを飲むと月経周期が28日前後になり月経痛が軽減されます。量も減少し貧血は改善されます。男性ホルモンを抑えてニキビが軽減します。月経前症候群の精神症状の改善が期待できます。最近、子宮内膜症の方には保険のきくOCが認可されました。最後に性感染症の予防はできませんからコンドームを必ず使用してください。

2008年12月熊日掲載

教えてDr.バックナンバーに戻る