診療について

教えてDr.バックナンバーに戻る

教えてDr.

卵巣癌子宮体癌大腸癌にかかりにくくなる低用量ピル服用

避妊法にはいろいろありますが、妊娠を避けるために確実なのは低用量ピル(OC)です。1日1錠の服用でほぼ100%避妊できます。副作用には吐き気や頭痛、下腹痛などがありますが開始3ヶ月以内にほとんどおさまります。

 

-友達にもらったり、ネット購入のOCを飲んでもいいでしょうか?

 OCにはいくつかの種類があり服用方法が違うものがあります。また、OC自体をのんではいけない病気(血栓症など)もありますから医師に処方してもらったものを指示通りに飲みましょう。インターネットで購入したOCでは副作用事故があった時に薬害補償が受けられません。正式な方法での購入をお勧めします。
 

-たばこを吸っていたらOCは飲めませんか?

 たばこを吸っている人はOCを飲むと静脈血栓症、脳梗塞、心筋梗塞、脳卒中などの副作用を高めることが知られています。できる限りたばこの本数を減らしましょう。35才以上で1日15本以上のたばこを吸う人は、OCを飲んではいけません。
 

-お酒を飲むことが多いのですがOCに影響はありませんか?

 特に問題はありません。むしろお酒を飲み言い過ぎてOCの服用を忘れないようにしましょう。また、吐いてしまったり、ひどい下痢をした時には妊娠することがあります。
 

-OCを飲むと太ると聞きましたが本当ですか?

 日本での臨床試験では、ほとんどの人が±2Kg以内の範囲でした。これは服用していない人たちと差はありません。過去に服用されていたホルモン量の多い中用量ピルで言われていたことであり低用量OCではそのようなことはありません。
 

-長期間の服用を続けても大丈夫ですか

たとえば20才から飲み始めて40才まで飲み続けることも可能です。避妊が必要であれば服用期間には制限はありません。服用している間は定期的に検診を受けることで自分の体の状態をよく知り、より安心してOCを飲むことができます。5年以上の服用では卵巣癌、子宮内膜癌になりにくく、乳癌になる率は服用しない人と差がありません。
 

-そのほかのメリットについて教えてください。

OCを飲むと月経周期が28日前後になり、月経痛が軽減されます。月経の量も減少するために貧血も改善されます。男性ホルモンを抑えるためにニキビが軽減されます。月経前症候群のうつ状態やその他の症状が改善されます。さらに子宮内膜症の方には保険のきくOCがあります。5年以上の服用で卵巣癌や子宮体癌に罹りにくくなります。
 

-最後にそのほかの注意点について教えてください?
 

  1. 性感染症の予防はできません。コンドームを必ず使用してください。
  2. 性交後72時間以内の服用で性交後避妊ができる服用方法(緊急避妊ピル)があります。詳しくは産婦人科医にお尋ねください。

教えてDr.バックナンバーに戻る