診療について

教えてDr.バックナンバーに戻る

教えてDr.

子宮頸癌ワクチン公費負担が始まります。

 日本人女性の20~30才代で最も多い癌は子宮頚癌です。年間に8500人程度が発症し、2500~3500人が命を失っています。特に最近は若い人たちの死亡率が上がり始めています。この癌の原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスによる事が明らかとなっています。

HPVに感染して10~20年して癌になるヒトがいるわけです。HPVの感染が予防できれば子宮頸癌にはならなくてすむ訳ですから感染防止の為のワクチンを接種すれば子宮頸癌の予防ができます。つまり子宮頚癌は予防のできる唯一のがんです。

 日本は先進諸国のなかで子宮頸癌ワクチンの導入が最も遅れていましたが今年中に公費負担(自己負担無し)になるとのことです。日本人に子宮頸癌を起こすHPVの主なタイプ゚は16型と18型であることが分かっています。厚労省から認可、販売許可された子宮頸癌ワクチンはこの2種類のウイルスに対して感染予防効果があります。45才までの女性には効果があります。

 ただし、公費負担の接種対照は性交経験のない女性(13才程度)となっています。第1回目の接種後4週間後と6ヶ月後に、計3回の接種が必要です。2回目の接種まででやめてしまえばほとんど効果がありません。必ず3回の接種が必要です。熊本でも早く実施をしていただきたいと思っています。
 

妊婦健診や分娩費用の補助が持続されます

 平成21年4月1日から公費負担が拡充された妊婦検診の補助は2年間の予定でしたが、厚労省の分娩費用調査により2010年時点での平均費用は約47万円程度であることが明らかとなりました。このために、2年間の次元措置である公費補助が今のまま延長されることになりました。

 この補助制度により妊婦健診の検査の質がとても向上しました。今までは妊婦健診の検査項目が各産科医療機関でバラバラに行われていて大きな開きがありました。しかし前回の改正も含めて若い女性に増えている子宮頸癌検査やエイズ検査、風疹検査、さらに緊急の輸血の時などに大変役に立つ不規則抗体検査や赤ちゃんに感染すると困るGBS(B群溶連菌)検査などが追加されています。

 妊娠、分娩を希望や計画しているご夫婦にとってはうれしいお知らせになりました。

教えてDr.バックナンバーに戻る