診療について

教えてDr.バックナンバーに戻る

教えてDr.

その不眠は更年期障害?

更年期障害とは
閉経前後の5年間を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は、50.5才ですからほぼ45から55才の間が更年期となります。

更年期障害とは
この更年期の間に起こるいろいろな不定愁訴を主とする症状のことです。
全身倦怠、心悸亢進(ドキドキ)抑鬱感、手足の冷え
毛髪量の減少、記憶力の低下、皮膚の乾燥や萎縮
のぼせ、発汗、睡眠障害、のどのつかえ、腹部膨満感
関節痛、神経痛
・・・など多彩な症状が現れることがあります。

更年期障害とよく似ている疾患
甲状腺機能低下症はよく似た症状を示しますので。血液によるホルモン値を調べることで鑑別ができます。エストロゲン(E)と卵巣刺激ホルモン(FSH)甲状腺刺激ホルモン(TSH)T3、T4の検査を受けることが大切です。

不眠の原因はエストロゲン不足
エストロゲン自体が睡眠物質ですから更年期障害ではひどい不眠になることがあります。

ホルモン補充療法のいろいろ
エストロゲンだけを補うと子宮体癌や卵巣がんなどの副作用がおこることがあるので、プロゲステロンとの併用が予防になります。呑み薬、貼り薬や塗る薬があります。塗る投与法は肝臓に負担がかからず、推奨されています。

副作用
稀に血栓症が起こることがあります。また副作用のない植物性エストロゲン製剤(エクエル)も注目されてきました。

教えてDr.バックナンバーに戻る