診療について

教えてDr.バックナンバーに戻る

教えてDr.

妊娠を回避するための最終手段

「緊急避妊ピル」は性交後72時間以内に服用を

避妊に失敗、または避妊しなかった性交の後に、妊娠を回避するための最終手段として用いられる「緊急避妊」。
2011年、世界でもっとも普及している緊急避妊ピル「レボノルゲストレル」が日本でも承認されました。

-レボノルゲストレルとは。

牛島 緊急避妊ピル「レボノルゲストレル」は着床の阻害というよりも、主に排卵の抑制、あるいは排卵の遅延によって、妊娠の成立を阻止していると考えられます。投与後5日以内に、約80%の女性で排卵障害などが引き起こされ、その間に子宮内に侵入している精子は受精能力を失います。生殖医学の世界では、着床を妊娠の成立としているので、レボノルゲストレルは人工妊娠中絶薬の部類には入らないといえます。

-服用時の注意点は。

牛島 避妊を希望する女性の最終月経を聞き、妊娠が疑われるときは妊娠検査を行います。さらに、最終月経以降の性交のうち、避妊したかどうか、避妊に失敗しなかったかどうかも確認します。緊急避妊ピルの服用は、性交後72時間以内に限られます。服用したからといって、その後数日あるいは数週間にわたって性交が行われるときは、妊娠は回避できません。避妊できなかった場合でもレボノルゲストレルが胎児に影響することはないので、わずかでも妊娠を望む方には分娩を勧めています。

-服用後の経過を教えてください。

牛島 服用後おおむね21日以内に月経のような出血があります。21日を超えても出血もない場合は、妊娠の可能性があります。いずれにせよ、望まない妊娠で女性が苦悩することがないよう、緊急避妊ピルのことをより多くの人が知っておくべきです。また、日ごろから避妊効果の高い経口避妊薬を用いるなどして、計画的に避妊することも大切です。

教えてDr.バックナンバーに戻る