診療について

教えてDr.バックナンバーに戻る

教えてDr.

子宮内膜症とは?

 子宮内膜症は、もともとは子宮の内側だけにあるはずの子宮内膜が、子宮内膜以外の場所にできてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も、本来の子宮内膜と同じように、月経と同じサイクルで女性ホルモンの影響をうけ、増殖や出血を繰り返してしまいます。子宮以外では増殖した内膜や血液は体外に排出することができません。そのため、毎月月経のたびに炎症を起こし、閉経するまで少しずつ進行していきます。

 子宮内膜症は発生する場所により多様な症状が起こりえます。肺に子宮内膜症があれば、月経と時期を同じくして喀血し、直腸にあれば下血します。最近経験した症例は臍に子宮内膜症があり月に一度臍から出血する症例がありました。子宮の筋肉の中にあれば子宮腺筋症と呼ばれ子宮が腫大してきます。卵巣にあれば血液が卵巣内に貯留してあたかもチョコレート様になるためチョコレーと嚢腫と呼ばれます。

 

発症メカニズム

 子宮内膜症の原因として子宮内膜移植説や体腔上皮化生説などいくつかの説が考えられていますが、明らかなことはわかっていません。

 

発症しやすい年齢

 以前は30~40代に多い病気でしたが、初経の年齢が早くなってきているので、患者さんも低年齢化しているといわれ、最近は10~20代の女性にも増えています。

子宮内膜症は慢性疾患であり、閉経まで長くつきあっていく病気です。また、激しい月経痛をはじめ、さまざまな症状のために、日常生活やライフスタイルにも影響を与えます。多くの症状は婦人科や女性外来で治療することができます。

 

子宮内膜症の症状と診断

 月経痛がひどくて仕事や勉強ができない様な状態を月経困難症と呼びます。これは典型的な子宮内膜症の症状です。

 内診や超音波検査(エコー)MRI CTで子宮や卵巣の大きさを確認します。また、血液中のCA125値測定すると子宮内膜症により、CA125の値が高くなることがあり、診断や治療効果判定の補助的手段として測定が行われています。

 現在、子宮内膜症と不妊の因果関係は完全には解明されていません。子宮内膜症の女性は、そうでない人よりも受精、着床を妨げる物質が多く分泌されているため不妊になる、という研究報告もありますが、子宮内膜症の人すべてが不妊というわけではありません。

ただし、卵巣チョコレート嚢胞があったり、卵管の癒着などで卵巣から子宮への通路がふさがれ、不妊になる場合はそれを取り除く治療が必要となります。

 

早期治療で広がる妊娠のチャンス

できるだけ早いうちに婦人科を受診し、子宮内膜症の治療を始めることが何よりも大切です。月経困難症がひどくなってきたと感じたら、すぐに婦人科を受診しましょう。
 

子宮内膜症の治療-薬物療法と手術療法

軽度の場合は鎮痛目的で様子をみます。月経の時だけ痛み止めを服用したり、経口避妊薬を服用すると月経痛が軽くなり、月経量が減ります。
鎮痛剤や経口避妊薬で痛みを軽減しながら経過観察することもできます。  

 

生活に支障をきたす場合はホルモン治療も

つらい症状が出ている場合は、ホルモン剤を用いて人工的に月経をとめた状態にし、病巣を休ませることで症状を改善したり、進行を抑えたりする治療を行います。月経が止まる妊娠中や閉経と同じ状態をつくることから、偽閉経療法、偽妊娠療法と呼ばれます。
また長期間服用ができるエストロゲンの分泌を抑える黄体ホルモン療法も注目されています。

 

不妊の原因や重度の場合は手術で病巣をとることもあります

ホルモン療法でも改善しないときは、手術を行うこともあります。ただ、年齢や症状によって、選ぶ手術法は異なります。未婚の人や、この先妊娠・出産を望む人は、子宮と卵巣を残す保存的手術が選ばれます。癒着の程度が少なかったり、病巣が小さかったりするケースにも保存的手術が向いています。

そのほか、子宮はとり卵巣は片方を残す手術や、症状が重い場合には子宮と卵巣をすべてとり除く手術を行うこともあります。

症状が非常に重い場合、子宮と左右の卵巣、卵管などをすべて摘出する手術です。生理がなくなり、ひどい症状から解放され、再発もありません。ただし女性ホルモンの分泌がなくなることで、のぼせ、肩こり、多汗、うつ状態などの更年期症状が起こってきます。したがって、ホルモン補充療法が必要となります。

  手術療法には開腹手術と負担が少ない腹腔鏡(ふくくうきょう)手術のふたつがあります。今では腹腔鏡手術が子宮内膜症治療の主役になりつつあります。

 

   一人で悩まず、婦人科を受診してみましょう。気軽に相談できるかかりつけ医をみつけることをおすすめします。

 

 

教えてDr.バックナンバーに戻る