診療について

教えてDr.バックナンバーに戻る

教えてDr.

産後うつ病とは?(2)

 産後うつ病とは、出産をした女性の10%に起こるうつ病のことです。症状はいわゆるうつ病と変わりません。気分の落ち込みや、その他の症状がしばらく続きます。

 産後うつ病には必ずしも原因があるわけではありません。赤ちゃんが産まれ、幸せになれると楽しみにしていたのに、心苦しく感じ、またそう感じてしまうことに罪悪感を抱くかもしれません。しかし、産後うつ病は誰にでも起きうることで、おかあさんのせいではありません。

 助けを求めるのに遅すぎることはありません。しばらくの間うつ状態であったとしても、やがて快方に向かいます。軽度の産後うつ病であれば、ちょっと支援してもらうことでよくなります。産後うつ病が起きる時期はさまざまで、産後1~2ヶ月以内に起きたり、出産後数ヶ月してから起こることもあります。産後うつ病になると、次の症状が現れることがあります。以下のような症状があったら、受診やモウモウサロン・ココロンへ、いらっしゃい!

  • ① 気分が落ち込む
  • ② イライラする。
      
    パートナーや赤ちゃん、子供たちにも苛立ち、怒ってしまいます。
  • ③ 疲れる。
      
    出産したばかりの母親はみな、とても疲れます。
  • ④ 眠れない。
      
    疲れていても、寝入ることができない。いろいろ心配しながら、横になったまま起きている。
      赤ちゃんが寝ていても、夜中に目覚めてしまう。
      赤ちゃんが目覚める前に、目が覚めてしまう。
  • ⑤ 食欲が変化する
      食欲がなくなったり、食べることを忘れてしまったりします。
      気を紛らわせるために食べ、その後体重が増えて後悔する。
  • ⑥ 何も楽しむことができない
      何も楽しめず、興味を持てなくなる。自分の赤ちゃんと一緒にいても楽しめない。
  • ⑦ 性への関心がなくなる
      性への関心がなくなるのには理由があります。
      性行為に痛みを伴ったり、疲れ切っていてそれどころではない。
  • ⑧ マイナス思考と罪悪感
      とても否定的な考え方をすることがある。
      自分が良い母親ではない、または赤ちゃんが自分のことを愛してくれないと考える。
      物事に対処することができないと考える。
  • ⑨ 不安
      自分の赤ちゃんの健康状態について、異常なくらい心配してしまう。

教えてDr.バックナンバーに戻る