診療について

教えてDr.バックナンバーに戻る

教えてDr.

トリコモナス Trichomonas腟炎

通常トリコモナス腟炎は性行為によって感染します。

緑色や黄色の生臭い匂いのある分泌物が大量にみられ、かゆみや刺激感を伴うことがあります。症状から腟感染症が疑われる場合は、おりものや子宮頸部の分泌液のサンプルを検査して、感染症を引き起こす微生物の有無を調べます。

必ずコンドームを使用することが感染予防に役立ちます。

ほとんどの場合、メトロニダゾールまたはチニダゾールを服用することで治癒します。
原虫の腟トリコモナス Trichomonas vaginalisは、腟に侵入して間もなく症状を引き起こす場合もあれば、症状を引き起こさずに数週間から数カ月間にわたって腟や子宮頸部(子宮の下部で腟につながっている部分)にとどまる場合もあります。膀胱に感染が起きることもあります。男性の場合、この原虫は何の症状も引き起こさないのが通常で、無症状のまま数日から数週間にわたって尿路にとどまることがあります。このため男女問わず、気づかないうちにセックスパートナーを感染させてしまうことがあります。

原因

トリコモナス Trichomonasによる性器感染症(トリコモナス症)は、ほぼ例外なく性行為によって感染します。女性の感染は男性または女性との性的接触によって生じます。しかし、男性の感染は女性との性的接触のみで生じ、男性との性行為では起こりません。トリコモナス症がある人の多くには、それ以外の性感染症もみられます。
腟トリコモナスは、症状が出ないまま原虫が長期間女性の体内にとどまることがあるため、感染が起こった時期や、誰から感染したかを特定することが困難であったり、不可能な場合があります。トリコモナス症は小児に発生することもあり、その場合は性的虐待が原因である可能性があります。


症状

トリコモナス(Trichomonas)腟炎では、緑色や黄色の泡状のおりものが大量にみられることがあります。生臭い匂いを伴うこともあります。陰部のかゆみや、腟の発赤と圧痛が生じます(刺激感)。そのため性交時に痛みを感じることがあります。膀胱に感染が起きれば、排尿時に痛みが生じることもあります。この感染症は、骨盤内炎症性疾患につながったり、妊婦では早産の原因になったりします。

診断

おりものや子宮頸部の分泌液の検査
女児または女性に普段と異なる分泌物や数日以上続く分泌物がみられる場合や、ほかに腟の症状がある場合は、医師の診察を受ける必要があります。
診断を確定するには、内診を行います。腟の診察時には、分泌物があれば綿棒でサンプルを採取し、そのサンプルを顕微鏡で調べます。通常はこの診察からの情報に基づき、症状を引き起こしている微生物を特定することができます。
多くの場合、子宮頸部の分泌液のサンプルも綿棒で採取し、他の性感染症の検査を行います。

治療

メトロニダゾールまたはチニダゾール
患者の95%は、メトロニダゾールまたはチニダゾール(抗菌薬)を経口で投与することで治癒します。セックスパートナーも同時に治療すべきです。メトロニダゾールやチニダゾールを服用した後、少なくとも72時間は飲酒を控える必要があります。これらいずれかの薬剤を服用しているときにアルコールを摂取すると、吐き気や嘔吐、けいれん、紅潮、頭痛が生じる可能性があるためです。

感染症が治るまでは性交時にコンドームを使用し、感染を予防する必要があります。

教えてDr.バックナンバーに戻る